本校のあらまし

 本校は,昭和49年4月,国立療養所宮城病院(現「独立行政法人国立病院機構宮城病院」)の病棟を教室としていた,山元町立山下小・中学校分教室から,宮城県立西多賀養護学校山元分校として県立に移管され,その後,昭和53年4月に宮城県立山元養護学校として独立開校しました。国立療養所宮城病院に入院中の,結核や気管支喘息等の疾患を持つ義務教育学齢の児童生徒を対象とした,「病院隣設」の病弱(身体虚弱を含む)養護学校でしたが,平成17年度からは知的障害教育部門を新たに設け,県内初の複数の障害に対応する学校として再スタートしました。平成18年度からは新たに高等部を開設し,平成19年度には学校教育法の一部改正に伴い「養護学校」から「特別支援学校」へと位置づけられ,「障害併置」(知的障害者・病弱者)の支援学校として現在に至っています。